ユーザ設定ガイド サポートセンター
ホームページへ ユーザ設定ガイド
メール設定 Windows Live メール
 以下では新規メールアカウント設定手順を紹介いたします。
 既にアカウント設定済みで、設定を変更する場合は[メール設定変更]から始めてください。

1. スタートボタン「」から「すべてのプログラム」→「Windows Live」→「Windows Live メール」の順に選択、クリック。

2-a. 「Windows Live メール」の画面が表示されます。

2-b. 「メニュー」ボタンをクリックし、「メニュー バーの表示(M)」をクリック。

3. メニュー バーの「ツール(T)」から「アカウント(C)...」をクリック。

4-a. 「アカウント」の画面が表示されます。

4-b. 「追加(A)」をクリック。

5-a. [電子メールアカウント]を選択(青く反転)。

5-b.

「次へ(N)」をクリック。


画像にマウスを乗せると拡大します
6-a. [電子メールアドレス]にあなたのメールアドレスを入力。
例) taro@ab.bb-east.ne.jp

6-b. [パスワード]にBB-EASTから通知されたメールパスワードを入力。

6-c.

[表示名]に、メールアドレスや名前など差出人名を入力。
例)taro@ab.bb-east.ne.jp


6-d. 「次へ(N)」をクリック。
7. 「完了(F)」をクリック.

8-a. 「アカウント」の画面で、設定したメールのアカウントを選択(青く反転)。

8-b. 「プロパティ(P)」をクリック。
9-a.
[サーバー]タブをクリック。


9-b.

[このサーバーは認証が必要]にチェック。

9-c.
「設定」をクリック。
10-a.
[次のユーザー名とパスワードでログオンする]を選択。

10-b. [アカウント名]にメールアドレス、 [パスワード]はメールパスワードを入力。

10-c.

ここで設定したパスワードを保存する場合、[パスワードを保存する]にチェック。

10-d.

「OK」をクリック。

 

 

SSLなし

「SSLあり」の場合
   

11-a.

[詳細設定]タブを選択し、[送信サーバー(SMTP)]に「465」を入力、[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェック。

[受信サーバー(POP3)]に「995」を入力、[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェック。


11-b.

[サーバーにメッセージのコピーを置く ]はチェックしない。

11-c. 「OK」をクリック。

 

 

 
「SSLなし」の場合

11-a.

[詳細設定]タブを選択し、[送信サーバー(SMTP)]に「587」を入力、[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェックしない。

[受信サーバー(POP3)]に「110」を入力、[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]にチェックしない。


11-b.

[サーバーにメッセージのコピーを置く ]はチェックしない。

11-c. 「OK」をクリック。
 

 

12.
「アカウント」の画面で「閉じる」をクリック。



以上で設定は終了です。
ページトップへ
メール設定 Windows Live メール
 すでにアカウント設定済みの設定内容を変更する手順を紹介いたします。
 新規に設定する場合は、[メール新規設定]を参照してください。

1. スタートボタン「」から「すべてのプログラム」→「Windows Live」→「Windows Live メール」の順に選択、クリック。

2.

メニュー「ツール」から「アカウント」を選択します。



3-a.

既に設定してあるメールアドレスがあることを確認し、クリックして選択します。


3-b.


右側の「プロパティ」ボタンをクリックします。

   
4-a. 「全般」タブをクリックします。


4-b.


選択したメールアカウントの[プロパティ]が表示されます。


4-c.


メールアドレスを変更する場合は、[電子メールアドレス]欄のメールアドレスを変更します。


 
   
5-a. 「サーバー」タブをクリックします。


5-b.


[サーバー情報]枠の情報を確認します。変更する場合は、[受信メールサーバーの種類(M)]、[受信メール(POP3)(I)]、[送信メール(SMTP)(U)]に入力します。


5-c.


[受信メールサーバー]枠の内容を確認します。

 

[ユーザー名(A)]、[パスワード(D)]を確認し、変更する場合は入力します。

[パスワードを保存する(W)]にチェックします。

[クリアテキスト認証を使用してログオンする(C)]を選択します。


5-d.

「送信メールサーバー」枠の[このサーバーは認証が必要(V)]にチェックします。


5-e.
「設定」ボタンをクリックします。
   

 

 

「SSLあり」の場合
   
6-a.

[詳細設定]タブを選択し、[送信サーバー(SMTP)(O)]に「465」を入力、[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)]にチェックします。

[受信サーバー(POP3)(I)]に「995」を入力、[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C)]にチェックします。


6-b. [サーバーにメッセージのコピーを置く(L)]のチェックは外します。

6-c.

「OK」ボタンをクリックします。
   
「SSLなし」の場合
6-a.

[詳細設定]タブを選択し、[送信サーバー(SMTP)(O)]に「587」を入力、[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)]はチェック外します。

[受信サーバー(POP3)(I)]に「110を入力、[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C)]はチェック外します。


6-b.

[サーバーにメッセージのコピーを置く(L) ]のチェックは外します。

6-c. 「OK」をクリックします。
   
   
7.

「アカウント」の画面に戻ります。[閉じる]をクリックしてください。

 





以上で設定は終了です。
ページトップへ